うかれ・・・うかれて♪


by ukareponz

プロフィールを見る
画像一覧

あ〜らよ♪

a0114622_945144.jpg
出前いっちょ〜♪

アメリカには、色とりどりの出前一丁がある。
中国むけなのかエビ味とかXO醤味とかさまざま。
ただね.。お味が、微妙なの。。。

その中でも我が家が気に入ってるのは、
九州猪骨濃湯味
まあまあ食べられる。

出前一丁を見ると思い出す人がいます。

それは・・・



実家の裏に住んでるおばさんで、私が産まれる前から
お世話になってる不思議〜な人なんです。
雰囲気は、和製ウーピー・ゴールドバーグ。

うちの実家が「サポッロ一番」派だったのに対して
おばちゃんちは、「出前一丁」派だったの。


いつも玄関から来ないで必ず裏のお勝手口から
登場するの。

私の時代劇好きも彼女の影響だったりする(笑
『時代劇の良さは、殺陣の美しさよ!』
と子どもな私に熱弁してたし。
熱いぜ!おばちゃん!!

なぜか出稼ぎに来ているブラジル人がみんな
おばちゃんに挨拶して通りすぎていったり。
おばちゃん・・・何人?

パパとつきあい始めた頃、パパに送ってもらって家に入ろうとしたら
真っ暗な木の茂みから、ハスキーな低い声で

『いい男!』とだけ言って去っていったり(爆

結婚式の前日に、
『遠くで式をするから見られないよね。幸せにね。』
と言っていたのに、

結婚式の時、親戚も友だちも誰もいないのに
おばちゃん来てたし。
おばちゃん、ワープした?

姫が産まれて5ヶ月ぐらいの頃だったろうか、
『見てよ!キレイな一重だよ。。。女の子なのに。。』
と私が嘆いていたら
『うんにゃ!この子は、いずれ二重になるから見てらっしゃい!』
とおばちゃん。

そしたら、本当に3歳で突然二重になった!!
おばちゃん、予知能力者?

他にも数えきれないほどの、おばちゃん列伝があります。

私も兄もそんなおばちゃんの事が大好きでした。

わが実家の歴史の中で彼女は、必要不可欠な存在で
何度ピンチを救われたことか・・・。
遠い親戚より近くの他人とは彼女の事だなって思う。

実家を出て4回引っ越してるけど、たまに思うの。

裏のおばちゃんいたらな〜って。

今度里帰りしたら大きくなった子ども達を見てもらわないとね。

その時彼女は、何ていうかな??
今からとても楽しみだったりする。
[PR]
by ukareponz | 2011-07-02 10:26 | toy

カテゴリ

全体
milk
toy
family
me
Lulu
trip
zoo
Daisy
Brownie
Junior
bell
未分類

以前の記事

2014年 06月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
犬

画像一覧